特定口座制度

ライブスター証券

特定口座について

特定口座制度について

特定口座制度とは、証券会社がお客様に代わってお客様の上場株式等の譲渡損益を計算し、お客様が簡易に納税申告ができるようにすることを目的とした制度となります。

源泉徴収
確定申告
特徴
あり
【オススメ】
不要
  • 当社がお客様に代わって、取得日・取得費の管理、譲渡損益の計算等を行います。
  • 取引の都度、当社が利益から税金を徴収し税務署に納付いたしますので原則、確定申告は必要ありません。
なし
必要
  • 当社がお客様に代わって、取得日・取得費の管理、譲渡損益の計算等を行います。
  • 当社では、税金の納付は行いませんので、確定申告が必要です。
  • 特定口座でされたお取引は、年間の譲渡損益をまとめた「年間取引報告書」が作成されます。
  • 年間取引報告書」は、確定申告の添付書類としてご利用いただけます。
  • 源泉徴収あり」を選択された場合でも、譲渡損失の繰越控除や他の特定口座との損益通算を行う場合は確定申告が必要です。

一般口座について

一般口座でされた取引については、証券会社で損益計算を行いませんので、「年間取引報告書」は作成されません。
譲渡損益の計算や確定申告はお客様ご自身で行う必要があります。


特定管理口座について

特定管理口座とは、特定口座にてお預かりしている上場株式等が、破産等で無価値化した場合でも、 譲渡損失として課税の特例が受けられる口座となります。
当社では特定口座開設時に併せて特定管理口座も開設いたします。一般口座では、課税の特例が受けられないため、損失の申告を行うことができません。