重要事項確認画面の操作手順|株(現物取引・信用取引)|ライブスター証券>

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

重要事項確認画面操作手順

重要事項確認画面操作手順

証券取引ツール『livestar WEB』にログインする際に重要事項確認画面が表示された場合の操作は下記手順でお手続きください。確認画面がログインの度に表示される場合も同様の操作手順でお手続きいただくと、表示されなくなります。


【確認操作が上手くいかない場合の対処方法】
以下の操作エラーが発生する場合は以下リンク先の設定変更をお試しください。
・重要事項確認画面の書面確認画面で【閉じる】ボタンを押すと全画面が閉じる、画面が真っ白になる
・重要事項確認画面が表示されない(ポップアップブロック)

STEP.1 書面表示~書面確認

  1. livestar WEBにログインすると、重要事項確認画面が表示されます。ご確認いただきたい書面の一覧が表示されますので、【書面表示】ボタンをクリックします。
  2. 【書面表示】ボタンをクリックすると、ご確認いただく書面のPDFがポップアップで表示されます。
    表示された書面の内容を確認後、PDFを閉じると、【確認状況】の箇所が【未閲覧】から【確認済】に変わります。
重要事項確認画面操作手順1

STEP.2書面内容への同意

    3. 全ての書面の【確認状況】が【確認済】に変わると【書面の内容を理解した(同意する)】ボタンがクリック可能になりますので、クリックいただきログイン後の画面へ移動してください。以上で確認作業は終了です。
重要事項確認画面操作手順3
ご注意事項
  • 書面の同意は、AM3:30から5:30(日曜は7:30)の間は行えません。
    事前交付期間中であっても、上記時間に先物オプション取引口座へログイン される場合は、ご確認およびご同意が必須となります。
  • 確認書類を郵送で確認いただくことはできません。PCにて確認作業を実施ください。
  • 事前確認期間が終了しますと、書面の確認が完了するまでログインが出来なくなります。

国内株式等のお取引に関するリスク及び手数料等について

株式投資等は株価等の変動により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、信用取引は委託保証金の約3倍までのお取引ができるため、株価等の変動により委託保証金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。

証券オンライントレードの取引手数料は各商品・各コースにより異なりますが、1注文ごとの手数料体系では、最低50円(税抜)から最大800円(税抜)までとなります。ただし、強制決済の場合には約定代金×1.20%の手数料(税抜:最低手数料2,000円)が適用されます。

また、信用取引においては、手数料のほかに金利、貸株料、品貸料(逆日歩)、信用取引管理料(事務管理費)等の諸費用が必要です。信用取引の委託保証金は売買代金の30%以上かつ30万円以上の額が必要です。

実際のお取引に際しては、契約締結前交付書面および当社ホームページ等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。

ページトップへ

ISグループのサービス