売買審査状況|株(現物取引・信用取引)|ライブスター証券

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

売買審査状況

ライブスター証券では、市場の公正な価格形成、および法令遵守の観点より、お客様のお取引が金融商品取引法で規制されている相場操縦行為等の不公正取引等のおそれがないか、日々売買審査を行っております。

審査の結果、不公正取引等のおそれがあるお取引を行われたお客様に対しては、当社よりお客様へご連絡のうえ、お取引内容の確認や注意喚起等を実施いたしております。

なお、当社からの注意喚起等によってもお取引に改善が見られないお客様や悪意性が高いと判断されるお取引を行ったお客様につきましては、お取引に制限をさせていただく場合がございます。

お客様におかれましても、安全で公正なお取引のために、不公正取引について十分なご理解をいただきお取引をされるようお願い申し上げます。

2019年11月の売買審査状況

売買審査項目 審査件数 顧客対応実施件数
見せ玉2593
終値関与2460
仮装売買4,2983
市場関与・株価変動2,6851
馴合売買47,2800
空売り規制4,5740
内部者取引1290

金融商品取引所や証券取引等監視委員会等においても、日々市場を監視し、不公正取引の有無について調査・審査が行なわれております。当社のお客様のお取引につきましても、これら外部の監視機関が継続的に調査・審査を行っております。
(※日本取引所自主規制法人における売買審査業務・売買審査手順及びその活動状況等の詳細は、こちら「売買審査の状況」をご覧ください。)
ライブスター証券では、金融商品市場の公正性・透明性・信頼性のために、内部管理体制の充実に努めてまいります。

国内株式等のお取引に関するリスク及び手数料等について

株式投資等は株価等の変動により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、信用取引は委託保証金の約3倍までのお取引ができるため、株価等の変動により委託保証金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。

証券オンライントレードの取引手数料は各商品・各コースにより異なりますが、1注文ごとの手数料体系では、最低50円(税抜)から最大800円(税抜)までとなります。ただし、強制決済の場合には約定代金×1.20%の手数料(税抜:最低手数料2,000円)が適用されます。

また、信用取引においては、手数料のほかに金利、貸株料、品貸料(逆日歩)、信用取引管理料(事務管理費)等の諸費用が必要です。信用取引の委託保証金は売買代金の30%以上かつ30万円以上の額が必要です。

実際のお取引に際しては、契約締結前交付書面および当社ホームページ等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。

ページトップへ

ISグループのサービス