ISホールディングスによる当社株式のSBIグループへの譲渡ならびに会社分割によるFX取引事業の外為オンラインへの承継に関するお知らせ |ライブスター証券

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

20/07/29 ISホールディングスによる当社株式のSBIグループへの譲渡ならびに会社分割によるFX取引事業の外為オンラインへの承継に関するお知らせ

株式会社ライブスター証券
代表取締役社長 根津 文彦


この度、当社の親会社であり当社株式を100%保有する株式会社ISホールディングス(以下「ISホールディングス」)では、その保有する当社の発行済の全株式を、SBIホールディングス株式会社の100%子会社で金融サービス事業の中間持株会社であるSBIファイナンシャルサービシーズ株式会社(以下「SBIFS社」)に対して譲渡することを決定し、7月29日付でISホールディングス及びSBIFS社間で株式譲渡契約書が締結されましたのでお知らせします。
株式譲渡の実行日は、本年10月1日の予定です。本件株式譲渡完了後は、当社はSBIFS社の100%子会社となります。

また、上記の株式譲渡に先立ち、当社は、外国為替証拠金取引(以下「FX取引」)事業を、本年9月下旬を目途に、同じくISホールディングスの子会社でFX取引大手の株式会社外為オンライン(以下「外為オンライン」)に対し、会社分割(吸収分割)の方法により承継させる予定にしておりますので、あわせてお知らせします。

当社は、オンライン専業の証券会社として、「業界最高のサービス」、「高性能でかつ安定した取引環境」、「お客様目線でのシステム改善」を合言葉に、業界最低水準の手数料でさまざまなサービスを提供することで競争優位性を構築してきました。最近の取組みとしては、信用手数料の無料化、信用金利の引き下げ等、投資のコスト低減を積極的に実施しており、従来から定評のあるツールの使い勝手や多彩な取引手法等とあわせて、トレーダー層を中心に幅広くご支持をいただいております。

今後は、SBIグループが有する総合金融グループとしてのノウハウ・知見等の経営資源を最大限活用することで、さらなる事業拡大を図ることができるものと考えております。

なお、FX取引につきましては、会社分割(吸収分割)に伴い、お客様の取引口座・預り証拠金・ポジションなどが外為オンラインに承継される予定ですが、外為オンラインは当社と同じFX取引システムを採用しているほか、「iサイクル2取引」など当社と同様のサービスを提供しているため、当社でのお取引と変わらない環境でお取引いただけるものと考えております。
FX取引の会社分割(吸収分割)の詳細につきましては、正式に決定次第、追ってお知らせ申し上げます。

各位におかれましては、今後ともご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。



ページトップへ