値幅指定注文|株(現物取引・信用取引)|ライブスター証券

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

値幅指定注文

買付注文と売却注文予約を同時に発注

値幅指定注文

IFD・IFDO注文の返済注文(DONE側)において、執行条件で上下値幅を選択できる方法です。新規注文(IF側)が約定した場合にその約定価格を基準に上下の価格を計算し返済注文が予約できます。

例えば、買いから取引を開始して、損切りは約定価格から30円下落した価格、利益確定は約定価格から50円上昇した価格にそれぞれ設定したい場合などにご活用いただけます。

注文例1:IFD注文(指値+指値)

相場見通し
寄付きから上昇する確率が高い銘柄で過去の上昇時と同じ相場環境

戦略
チャート上では天井圏に近づいており、購入後は早めに利益確定をしておきたい

注文方法
寄成注文と値幅指定指値注文を組み合わせたIFD注文を発注

注文例(寄成注文+値幅指定注文)

注文例2:IFDO注文(寄成+OCO(値幅指定))

相場見通し
NYの株式市況が上昇しており、翌日は日本株も上昇すると予想。ただし、翌日の日本時間には経済指標の発表があり、発表内容次第では下落の懸念が残る

戦略
寄付は騰勢が強いと思われるが、発表時間は10時なので、寄付きで購入して、OCO注文で利益確定の売り注文と、損切り注文の予約をしておきたい。ただし、通常のOCO注文では始値が跳ね上がった場合、OCO注文の利益確定売りの指値価格を超えてしまう懸念があるため、値幅指定を行って注文することにした

注文方法
寄り付きは成行で買い注文(寄成注文)を発注して、同注文の約定値に対して、利益確定【+50円】、損切りの逆指値
【-30円】のOCO注文が自動発注されるように設定してIFDO注文を発注

注文例(寄成注文+OCO注文(値幅指定))

注意事項

  • livestar MOBILEでは、値幅指定注文はご利用いただけません。
  • IFDの子注文で逆指値を設定する場合は、値幅指定はご利用いただけません。
  • IFD、IFDO注文の子注文は、親注文の数量が全量約定した時点で発注されます。部分約定では発注されません。
  • IFDO注文の子注文で、逆指値条件達成後の執行条件を「成行」にされた場合、価格変動の大きな銘柄や出来高の少ない銘柄では  予想以上に高い(安い)価格で約定することがあります。
  • IFD、IFDO注文の子注文で設定された発注価格が銘柄の値幅制限を越えている場合、子注文が発注される時点でエラーとなり、失効(キャンセル)されます。
  • IFD、IFDO注文で注文期限を指定される場合、親注文は成行注文、指値注文、逆指値注文のいずれかをご指定ください。
  • IFD、IFDO注文で注文期限を指定される場合、子注文は指値注文、逆指値注文のいずれかをご指定ください。
  • IFD、IFDO注文で複数単元を発注し、親注文が異なる価格で約定した場合、平均約定値段を基準に指定した値幅で発注がされます。

口座開設はこちら

国内株式等のお取引に関するリスク及び手数料等について

株式投資等は株価等の変動により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、信用取引は委託保証金の約3倍までのお取引ができるため、株価等の変動により委託保証金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。

証券オンライントレードの取引手数料は各商品・各コースにより異なりますが、1注文ごとの手数料体系では、最低50円(税抜)から最大800円(税抜)までとなります。ただし、強制決済の場合には約定代金×1.20%の手数料(税抜:最低手数料2,000円)が適用されます。

また、信用取引においては、手数料のほかに金利、貸株料、品貸料(逆日歩)、信用取引管理料(事務管理費)等の諸費用が必要です。信用取引の委託保証金は売買代金の30%以上かつ30万円以上の額が必要です。

実際のお取引に際しては、契約締結前交付書面および当社ホームページ等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。

ページトップへ

ISグループのサービス