OCO注文|株(現物取引・信用取引)|ライブスター証券

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

OCO注文

指値注文または不成注文と逆指値注文(S)を同時に発注

OCO注文

指値注文または不成注文と逆指値注文(S)を同時に発注する注文です。利益確定注文と、損切り注文を同時に出す場合(売却注文・返済注文時)や、2つのシナリオを想定して指値の買いと、逆指値の買いを同時に発注したい場合(買付注文・新規注文時)など、複数の銘柄を同時にトレードされる時や日中に相場を確認できない時などに活用いただける発注方法です。

具体的には、指値注文が約定すると逆指値注文(S)がキャンセルされ、価格が逆指値(S)で設定した条件に到達した場合は、発注済みの指値注文または不成注文が、逆指値で選択した注文内容に訂正されます。

設定可否 注文の種類
親注文(IF側)で選択できる執行条件成行注文、寄成注文、引成注文、指値注文、寄指注文、引指注文、不成注文
逆指値S注文(成行)、逆指値S注文(指値)
子注文(DONE側)で
選択できる執行条件
指値注文、指値注文(値幅指定)、寄指注文、寄指注文(値幅指定)、引指注文、引指注文(値幅指定)
不成注文、不成注文(値幅指定)、逆指値S注文(成行)、逆指値S注文(指値)
  • 子注文(DONE側)では、値幅を指定した注文方法をご利用いただけます。親注文(IF側)の約定価格に対して、あらかじめ設定した値幅を加えた指値価格で売却注文が自動発注されます。
  • livestar MOBILE(モバイル版)では指値注文(値幅指定)、寄指注文(値幅指定)、引指注文(値幅指定)、不成注文(値幅指定)の発注および、訂正はできません。注文内容の照会および取消しは可能です。
  • 子注文(DONE側)は、親注文(IF側)がすべて約定した後に発注されます。また、子注文(DONE側)を値幅指定にした際に、当該親注文(IF側)の平均約定値段を基準として、指定した値幅で指値が発注されます。親注文(IF側)が一部約定した場合や営業日を跨いで約定した場合など、親注文(IF側)の約定価格が同一でない場合、子注文(DONE側)の発注価格にご注意ください。

注文例1(指値条件に達した場合)

OCO注文例(指値条件に達した場合)

注文例2(逆指値条件に達した場合)

OCO注文例(逆指値条件に達した場合)

注意事項

  • OCO価格の設定が現在値を挟んでいない状態で発注されますと、瞬時に約定されてしまう可能性がございますので、ご留意ください。
  • 逆指値条件価格(トリガー価格)について
    ・制限値幅以上(以下)の価格も設定できますが、トリガー到達後の「指値」の発注価格が当日ストップ高(安)を超えていた場合には、注文が失効となります。
    ・少数点第一位まで設定できますが、トリガー到達後の「指値」の発注価格が取引所の定める呼値に準じていない場合には、注文が失効となります。

口座開設はこちら

国内株式等のお取引に関するリスク及び手数料等について

株式投資等は株価等の変動により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、信用取引は委託保証金の約3倍までのお取引ができるため、株価等の変動により委託保証金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。

証券オンライントレードの取引手数料は各商品・各コースにより異なりますが、1注文ごとの手数料体系では、最低80円(税抜)から最大800円(税抜)までとなります。ただし、強制決済の場合には約定代金×1.20%の手数料(税抜:最低手数料2,000円)が適用されます。

また、信用取引においては、手数料のほかに金利、貸株料、品貸料(逆日歩)、信用取引管理料(事務管理費)等の諸費用が必要です。信用取引の委託保証金は売買代金の30%以上かつ30万円以上の額が必要です。

実際のお取引に際しては、契約締結前交付書面および当社ホームページ等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。

ページトップへ

ISグループのサービス