一般信用取引とは|ライブスター証券

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

一般信用取引

ライブスター証券の一般信用取引は、大手ネット証券の制度信用取引買方金利よりも安く、返済期限も原則無期限!

一般信用取引とは

一般信用取引とは、投資家と証券会社との間で契約を結び、返済期限や金利等を自由に設定することができる信用取引です。

制度信用取引では、証券取引所が設定した基準を満たした銘柄のみが取引対象となり、返済期限も6ヶ月以内と決められておりますが、一般信用取引では、制度信用取引では取り扱えない銘柄が取引できるほか、返済期限も原則無期限に設定(ライブスター証券の場合)されている、より自由度の高い信用取引です。

コーポレートアクションがあった場合に返済期日が設定される場合があります。詳細はこちら

現金即日徴収規制となった銘柄は、信用取引の注文が発注できません。また、規制前に発注された信用取引注文は失効されます。

livestar MOBILEでは「一般信用取引」の注文参照のみ可能です。発注は行えません。

ライブスター証券の一般信用取引が選ばれている理由!

買方金利が業界最低水準 取引手数料が0円(無料) キャンペーン適用で更にお得



買方金利が業界最低水準!

ライブスター証券の一般信用取引は買方金利が2.75%!主要ネット証券の制度信用取引の買方金利よりも割安なので、他社で制度信用取引をされるより金利コストが節約できるうえ、返済期日を気にしない一般信用なら、短期から中長期まで幅広い投資戦略にご利用いただけます。
もちろん、制度信用の金利も業界最低水準なので、短期に限定した取引をされる場合と使い分けることで、さらなるコスト削減が計れます。特に取引金額が大きくなる信用取引では、わずかな金利差が大きなコストカットに繋がります。
※新規建て後の建玉を、制度信用⇔一般信用で変更することはできません。

ライブスター証券の一般信用取引金利は、主要ネット証券の制度信用金利よりも低い
一般信用は返済期限が原則無期限なので、返済期日に悩まされることはありません。

株式分割・併合、株式交換などの売買単位の変更以外のコーポレートアクションがあった場合には返済期日が設定されます。

買方金利(一般) 買方金利(制度)
ライブスター証券 2.75% 2.30%
SBI証券 3.09% 2.80%
マネックス証券 3.47% 2.80%
楽天証券 3.09% 2.80%
松井証券 4.10% 3.10%
カブドットコム証券 3.09% 2.98%


買建玉を半年間(180日)保有していた場合の一般信用金利を比較
500万円 1,000万円 1,500万円 2,000万円 3,000万円
ライブスター証券 67,808 135,616 203,424 271,232 406,849
SBI証券 76,191 152,383 228,575 304,767 457,150
楽天証券 76,191 152,383 228,575 304,767 457,150
マネックス証券 85,561 171,123 256,684 342,246 513,369
カブドットコム証券 76,191 152,383 228,575 304,767 457,150
松井証券 101,095 202,191 303,287 404,383 606,575
最大差 33,287 66,575 99,863 133,151 199,726
主要ネット証券の一般信用取引金利比較

2019年5月22日 当社調べ



ライブスター証券の一般信用と他社の制度信用金利を比較
500万円 1,000万円 1,500万円 2,000万円 3,000万円
ライブスター証券 67,808 135,616 203,424 271,232 406,849
SBI証券 69,041 138,082 207,123 276,164 414,246
楽天証券 69,041 138,082 207,123 276,164 414,246
マネックス証券 69,041 138,082 207,123 276,164 414,246
カブドットコム証券 73,479 146,958 220,438 293,917 440,876
松井証券 76,438 152,876 229,315 305,753 458,630
最大差 8,630 17,260 25,891 34,521 51,781
ライブスター証券の一般信用金利とその他主要ネット証券の制度信用金利を比較

2019年5月22日 当社調べ

比較表についての注意事項

  • 比較表の信用取引金利および貸株料はいずれもパソコン経由でのインターネット取引の場合の金利です。
  • 上表のデータは、各社Webサイト等の公表資料に基づき調査したものですが、詳細、割引制度、キャンペーン等は、各ネット証券のWebサイト等でご確認ください。
  • 他社の金利・貸株料の優遇制度、キャンペーン等につきましては、各社のwebサイト等でご確認ください。


取引手数料が0円!

ライブスター証券では、信用取引の取引手数料がいつでも 0円 !

ライブスター証券で取り扱う全ての信用可能銘柄の取引手数料が 0円 です。

  • ※期日返済や強制返済、お電話での注文の際は、手数料が発生いたします。詳細はこちら

主要ネット証券各社における一注文毎の約定代金に応じた信用取引手数料の比較です。

20万円 50万円 100万円 300万円 500万円 1,000万円
ライブスター証券 0 0 0 0 0 0
SBI証券 135 180 350 350 350 350
楽天証券 135 180 350 350 350 350
カブドットコム証券 135 180 760 1,100 1,100 1,200
マネックス証券 140 190 355 1,000 1,000 1,000
岡三オンライン証券 150 300 500 1,000 1,200 1,200
最大差 150 300 760 1,100 1,200 1,200
  • 2019年12月10日 当社調べ
  • 全て円単位
  • マネックス証券の約定金額100万円超の手数料は指値注文時の手数料を掲載しております。

上記手数料プランで、1日1回の取引を2カ月間(40営業日)行った場合の信用取引手数料比較

20万円 50万円 100万円 300万円 500万円 1,000万円
ライブスター証券 0 0 0 0 0 0
SBI証券 5,400 7,200 14,000 14,000 14,000 14,000
楽天証券 5,400 7,200 14,000 14,000 14,000 14,000
カブドットコム証券 5,400 7,200 30,400 44,000 44,000 48,000
マネックス証券 5,600 7,600 14,200 40,000 40,000 40,000
岡三オンライン証券 6,000 12,000 20,000 40,000 48,000 48,000
最大差 6,000 12,000 30,400 44,000 48,000 48,000
  • 2019年12月10日 当社調べ
  • 全て円単位
  • マネックス証券の約定金額100万円超の手数料は指値注文時の手数料を掲載しております。


キャンペーン適用で更にお得

ライブスター証券では、信用取引のキャンペーンを実施中。信用取引をこれから始めたい投資家はもちろん、アクティブな投資家の方にもご満足いただけるキャンペーンを実施中です。

信用取引手数料無料&買方金利優遇キャンペーン

信用取引手数料無料&買方金利優遇キャンペーン

キャンペーン期間

2019年10月1日(火)~2019年12月31日(火)

判定期間は2019年8月21日(水)~2019年11月20日(水)

キャンペーン内容

判定期間中に適用条件を満たしたお客様の制度信用取引買方金利を2.3%から1.8%一般信用取引買方金利を2.75%から1.97%に引き下げ、信用取引手数料無料(0円)といたします。

キャンペーンの詳細および注意事項はこちら

口座開設はこちら

国内株式等のお取引に関するリスク及び手数料等について

株式投資等は株価等の変動により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、信用取引は委託保証金の約3倍までのお取引ができるため、株価等の変動により委託保証金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。

証券オンライントレードの取引手数料は各商品・各コースにより異なりますが、1注文ごとの手数料体系では、最低50円(税抜)から最大800円(税抜)までとなります。ただし、強制決済の場合には約定代金×1.20%の手数料(税抜:最低手数料2,000円)が適用されます。

また、信用取引においては、手数料のほかに金利、貸株料、品貸料(逆日歩)、信用取引管理料(事務管理費)等の諸費用が必要です。信用取引の委託保証金は売買代金の30%以上かつ30万円以上の額が必要です。

実際のお取引に際しては、契約締結前交付書面および当社ホームページ等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。

ページトップへ

ISグループのサービス