IFDO注文

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

IFDO注文

IFDO注文とは?

IFDO注文とは、買付け注文と同時にOCO注文の予約ができる注文です。OCO注文は、利益確定と損切り注文予約を同時に設定できるので、取引の最初から最後までを一つの注文で自動化できます(信用取引の場合は新規建て注文と返済OCO注文になります)。

どんな時に使うの?

買付け注文と同時に利益確定と損失限定注文の予約もできるので、取引時間中に相場を監視できない場合や、複数銘柄を自動売買で同時に取引したい場合などにご活用いただけます。

注文の仕方

具体例に沿って操作の説明を行います。【例:現物株でIFDO注文】

1.livestarWEBにログインする

トップページから「株式ログイン」をクリックしページを移動、ログインIDとパスワードを入力し「ログイン」をクリックしてlivestarWEBにログインする。

IFDO注文_手順1

2.左メニューにある現物取引をクリックする

左のメニューにある「現物取引」をクリックします。

3.左メニューにある買付注文をクリックする

左のメニューにある「買付注文」をクリックします。

IFDO注文_手順2,3

4.IFDO注文をクリックする

「IFDO注文」をクリックします。

5.銘柄コードを入力する

銘柄コードを入力し、「時価更新」をクリックします。
銘柄コードが不明な場合は「銘柄検索はこちら」から調べることができます。

IFDO注文_手順4,5

6.口座の種別を選択する

特定口座または一般口座を選択します。

7.注文株数を入力する

買付したい株数を入力します。

8,9.親注文(IF側)を設定する

親注文では、「通常注文」か「逆指値注文」のいずれかを設定します。

IFDO注文_手順6-8

10.売却1(通常注文)を設定する

指値か不成を選択し、執行条件を選択します。
指値を設定する他、8,9の注文約定価格に対して○○円以上、○○円以下といった指値を設定した注文が可能です。詳しくは値幅指定注文をご覧ください。

利益確定の設定です

11.売却2(逆指値注文)の発動条件を設定する

12で設定する注文が自動発注される逆指値条件を設定します。

損失限定の設定です

12.売却2(逆指値注文)で自動発注される執行条件を設定する

11で設定した条件を達成した場合に自動発注される注文を設定します。10で値幅指定を設定した場合は、ここでも同様に値幅指定を設定する必要があります。10で指値注文、不成注文を設定した場合は、成行注文から指値注文を設定します。

損失限定の設定です

13.注文期限を選びます

注文の有効期限を選びます。
期間指定のラジオボタンを選択後、隣の白枠をクリックするとカレンダーが表示されます。発注日から30営業日先までを選択できます。

決算銘柄や権利付銘柄などに該当する場合は、権利付最終日の大引け時点で繰越処理が行われず失効となります。

14.注文確認へをクリックする

内容に問題がなければ「注文確認へ」ボタンをクリックします。

IFDO注文_手順10-14

「利益確定」と「損失限定」それぞれの設定を個別に設定します。

15.発注内容を確認する

発注内容に間違いがないか確認します。

16.取引暗証番号を入力する

初回ログインの際に設定した4桁の取引暗証番号を入力します。

17.注文するをクリックする

注文するボタンをクリックします。

IFDO注文_手順15-17

18.注文状態を確認する

発注が完了しました。

19.注文約定照会/訂正取り消し一覧画面へをクリックする

「注文約定照会/訂正取り消し一覧画面へ」をクリックすると注文照会画面へ移動します。

IFDO注文_手順18,19

20.注文照会画面で内容を確認する

注文履歴に先程の注文が表示されているのを確認します。

IFDO注文_手順20

ページトップへ

ISグループのサービス