為替相場の変動要因|ライブスター証券

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

為替相場の変動要因

為替相場はなぜ変動するのでしょうか?為替相場を動かす要因は様々ですが、通貨もモノとモノの交換と同じく『需給のバランス』でその価値が決まります。

需要と供給のバランス

為替相場は、基本的には2国間の力関係によって、強い方の国の通貨が買われて高くなり、弱い国の通貨が売られて安くなります。その需給バランスが大きく崩れた時、為替相場にも大きな変化が現れます。需給関係に大きな影響を与える要因としては主に以下のものがあります。

経済の季節的要因

その国の経済の基礎的要因のことを経済用語でファンダメンタルズと呼びますが、GDPなどの経済指標はその国の景気、経済の状態を把握するための指標となります。景気が良い国の通貨は、株価や金利上昇への期待感から買われ上昇する傾向にあります。逆に景気が悪い国からは資本や資産が国外へ逃避するため、その国の通貨は売られやすくなります。

金利・物価水準

基本的にお金は、低金利通貨の国から高金利通貨の国へと流れる傾向にあるため金利が高い国の通貨は買われ上昇する傾向にあります。金利水準はその国の景気、物価水準と密接に関係しており、例えば物価が上昇(インフレーション)してくると、中央銀行は金利水準を引き上げインフレ対策をとるようになります。

国際収支の状況

貿易収支やサービス収支からなる経常収支や資本収支によって発生する実需は、為替変動の大きな要因となります。例えば、日本の経常収支が黒字だと、受け取った外貨を自国通貨に替える必要が出てくるので円高傾向になります。同様に資本収支において、資金流入のほうが多い「流入超」の状態だと自国通貨が買われます。

その他の重要な経済指標解説はこちら

投機的要因

国際的に活動をする企業は海外での売り上げをその国の通貨で受取りますが、その利益を国内に還流させる際に為替取引が行われます。このような実際の経済活動上で為替の取引を行う市場参加者のことを「実需(じつじゅ)」といいます。

これとは対照的に、投機的な取引を膨大な資金を投入して短期的に利ざやを稼ぐ取引を繰り返す、「投機筋」という参加者が存在し、ヘッジファンドや機関投資家などによって構成されています。為替相場に値動きがある以上、そこには利益を狙うチャンスが常に存在しているため、これらの投機筋が巨額の資金を用いて相場に参加しており、短期的にも大きな値動きとなることがあります。

地政学的要因

戦争やテロによって政情不安が起きると、投資活動や消費に悪影響が出ることを懸念され、その国の通貨は売られる傾向にあります。従来、戦争が勃発すると、基軸通貨である米ドルが安全資産として買われる、「有事のドル買い」と呼ばれる現象が起こることが多くありました。また、永世中立国であるスイスのスイス・フランも有事の際には資産の逃避先として買われることもあります。

テクニカル的要因

為替市場に参加している投資家のほとんどはチャートを見ながらトレードしています。多くの投資家が同じようなチャートを利用して売買することから、チャート上で市場参加者の思惑を推測しながら取引が行われることになります。そのため、サポートライン(支持線)やレジスタンスライン(抵抗線)として意識されている水準を突破することで、短期的に相場を加速させることがあります。

また、100円や90円などの切りの良い数字(ラウンドナンバーといいます)の近辺には、大量の注文が交錯する傾向にあり、その水準にさしかかると為替相場が大きく動く傾向があります。

FX(店頭外国為替証拠金取引)に関するリスク及び手数料等について

外国為替証拠金取引は、元本および利益が保証された金融商品ではありません。相場の価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となるため、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。

取引手数料は、原則無料です。但し、iサイクル注文は1万通貨単位(南アフリカランド/円は10万通貨単位)あたり200円(税込)を徴収いたします。

取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります。

個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより決定され、お取引額の4%・10%・20%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。

法人のお客様の場合は、当社が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の委託証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは金融商品取引業に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

当社は法令上要求される区分管理方法の信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限日に時間差があること等から、いかなる状況でも必ずお客様からお預りした証拠金が全額返還されることを保証するものではありません。お取引に際しては、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、お取引の仕組みやリスク等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。

ページトップへ

ISグループのサービス