レバレッジとは?|ライブスター証券

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

レバレッジ

FX以外でも、最近、「レバレッジ」という言葉をよく耳にすることがありますが、そもそもレバレッジとはどういうことなのでしょうか?

レバレッジの仕組み

レバレッジとは「てこの原理」を意味します。
FX取引では、この「レバレッジ(てこの原理)」を使って、少額の資金でも取引が可能となっています。

例えば1米ドル=100円の時に、銀行で1万米ドルを外貨預金する場合、100万円の資金が必要になりますが、FXでは取引代金100万円に対して、5分の1から25分の1程度の資金(証拠金)を預け入れることで、100万円相当の取引ができます。

選べるレバレッジコース

ライブスター証券では取引スタイルに合わせて選べる、4つのレバレッジコースをご用意いたしております。

レバレッジの後に記載されている数字は、倍率を意味しております。また、「レバレッジ 25」と「レバレッジ 25H」の違いは、ロスカット(※)が発動する割合が異なります。

ロスカットとは、保有ポジションに対する証拠金の割合が一定水準以下になった場合に、自動的にポジションを反対売買で決済して、損失の拡大リスクを軽減する仕組みのことです。

ロスカットの具体例をご覧になりたい場合はこちら

レバレッジ 5

新規取引を行う際に、取引代金の5分の1の担保金(証拠金)が必要となるコースです。
例えば米ドル円が100円のときに10,000通貨の取引をする場合、通常の取引では取引代金が100円×10,000通貨で100万が必要ですが、レバレッジ 5では、5分の1(=20%)の担保金【20万円】で取引が行えます。

レバレッジ 10

新規取引を行う際に、取引代金の10分の1の担保金(証拠金)が必要となるコースです。
例えば米ドル円が100円のときに10,000通貨の取引をする場合、通常の取引では取引代金が100円×10,000通貨で100万が必要ですが、レバレッジ 10では、10分の1(=10%)の担保金【10万円】で取引が行えます。

レバレッジ 25

新規取引を行う際に、取引代金の25分の1の担保金(証拠金)が必要となるコースです。
例えば米ドル円が100円のときに10,000通貨の取引をする場合、通常の取引では取引代金が100円×10,000通貨で100万が必要ですが、レバレッジ 25では、25分の1(=4%)の担保金【4万円】で取引が行えます。

レバレッジ 25H

新規取引を行う際に、取引代金の25分の1の担保金(証拠金)が必要となるコースです。
例えば米ドル円が100円のときに10,000通貨の取引をする場合、通常の取引では取引代金が100円×10,000通貨で100万が必要ですが、レバレッジ 25では、25分の1(=4%)の担保金【4万円】で取引が行えます。

「レバレッジ 25」との違いは、ロスカットの発動割合になります。「レバレッジ 25」では保有ポジションの価値が預け入れている証拠金の25%を割り込んだ場合にロスカットが発動するのに対して、「レバレッジ 25H」では保有ポジションの価値が預け入れている証拠金の100%を割り込んだ場合にロスカットが発動され、自動的にポジションが決済されます。

FX(店頭外国為替証拠金取引)に関するリスク及び手数料等について

外国為替証拠金取引は、元本および利益が保証された金融商品ではありません。相場の価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となるため、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。

取引手数料は、原則無料です。但し、iサイクル注文は1万通貨単位(南アフリカランド/円は10万通貨単位)あたり200円(税込)を徴収いたします。

取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります。

個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより決定され、お取引額の4%・10%・20%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。

法人のお客様の場合は、当社が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の委託証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは金融商品取引業に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

当社は法令上要求される区分管理方法の信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限日に時間差があること等から、いかなる状況でも必ずお客様からお預りした証拠金が全額返還されることを保証するものではありません。お取引に際しては、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、お取引の仕組みやリスク等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。

ページトップへ

ISグループのサービス