投資信託(ファンド)の手数料と費用|投資信託(ファンド)|ライブスター証券

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

投資信託(ファンド)の手数料と費用

投資信託の手数料・費用は?

投資信託の手数料・費用は、投資家が直接的に負担する費用と、間接的に負担する手数料に分けられます。

直接的に負担する手数料・費用

購入時手数料(販売手数料)
購入時に販売会社に支払う手数料です。
投資信託毎、販売会社毎に手数料が異なりますので、詳細は各金融機関のホームページ、窓口でご確認ください。
ノーロード投信と呼ばれる、購入時の手数料が無料のファンドもあります。
信託財産留保額
換金の際に支払う費用で、購入時手数料と異なり、ファンドの資産に組み入れられます。
ファンドによっては、信託財産留保額を徴収しないものもあります。
この費用は、投資家の公平性を担保する目的で、換金に当って生じる費用を、換金する投資家に負担してもらう目的で徴収されます。そのため、徴収された費用は、販売会社・運用会社への報酬ではなく、ファンドの資産に組み入れられる仕組みになっております。

間接的に負担する手数料・費用

投資者が信託財産から間接的に徴収されます。

信託報酬(運用管理報酬)
投資信託の運用・管理にかかる費用です。目論見書等の作成費用や、収益の分配に必要な支払事務手数料、運用報告書の発送費用などが含まれます。
監査費用
投資信託は公認会計士などによる監査が義務付けられており、その監査にかかる費用です。
売買委託手数料
投資信託の資産を運用する際に必要な、株式の売買等を行う費用です。

その他

その他、投資信託の収益分配時や、解約時に発生する税金や、信託財産に関する租税、借入金等の利息など、投資信託によって、別途、直接的・間接的に生じる費用があります。
詳細については、各ファンドの目論見書などでご確認ください。

ポイント

  1. 投資信託には直接的に負担する手数料・費用と、間接的に信託財産から負担する手数料・費用がある
  2. 手数料が無料の投信をノーロード投信という
  3. 信託財産留保額は投資家の公平性を担保する目的で徴収されるが、徴収されないファンドもある
  4. 信託財産留保額はファンドの資産に組み入れられる
  5. 投資信託は、公認会計士等の監査が義務付けられている

投資信託に関するリスク及び手数料等について

投資信託は、投資元本および分配金が保証された商品ではありません。国内外の株式や債券などの金融商品を組み入れており、株価変動や為替変動などの影響を大きく受けるため、基準価額の下落により損失を被り、お客様の投資元本を割り込むことがあります。一般に株式の価格は、個々の企業の活動や業績、国内および国外の経済・政治情勢などの影響を受けて変動するため、株式の価格が下落した場合には、基準価額は下落し、投資元本を割り込むことがあります。投資国・地域の政治・経済情勢や株式を発行している企業の業績、市場の需給等、さまざまな要因を反映して、基準価額が大きく変動するリスクがあります。

投資信託のお申込みに際しては、所定の販売手数料がかかります。また、換金に際しては、信託財産留保額をご負担いただく場合があります。なお、投資信託の保有期間中には間接的な費用として信託報酬等が発生いたします。

ライブスター証券は、投資信託の販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
預け入れ資金については、当社で当社の財産とは分別して管理いたします。また、購入いただいた投資信託においては、信託銀行において、当該行の財産とは分別して管理いたします。
上記の手数料および諸費用、リスクに関しましては、必ず交付目論見書および目論見書補完書面をご確認ください。実際のお取引に際しては、契約締結前交付書面および当社ホームページ等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。

ページトップへ

ISグループのサービス