日本株(規模別)ETF(上場投資信託)|ライブスター証券

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

日本株(規模別)ETF(上場投資信託)

上場銘柄の時価総額をベースに構成された指数(インデックス)に連動する投資成果を目的に組成されたETF(上場投資信託)です。

日本株(規模別)ETFの特徴

日本株を対象とした指数の内、指数に組み入れられている銘柄の時価総額を基に算出されている指数が対象指標となっているため、複数の銘柄に投資をしたいが、中小型株は変動が大きいので大型株のみをベンチマークとするETFに投資したいケースや、中小型株へ複数投資を考えているものの、資金が不足しているケース等で利用されることが想定されます。

日本株(規模別)ETFの代表的な銘柄

  • MAXISトピックス・コア30上場投信(銘柄コード:1344)・・・TOPIX Core 30に連動
  • 上場インデックスファンドTOPIX Mid400日本中型株(銘柄コード:1317)・・・TOPIX Mid400に連動
  • ラッセル野村小型コア・インデックス連動型上場投資信託(銘柄コード:1312)・・・ラッセル野村小型コア・インデックスに連動

日本株(規模別)ETFの一覧は東京証券取引所ページでご確認ください。

日本株(規模別)ETF一覧

日本株(規模別)ETFの取引例

ETFでは、信託財産の連動対象が株価指数、テーマ別指数、商品価格など、ファンドによって大きくことなります。東京証券取引所では、以下のようなカテゴリーに分類しております。各カテゴリー名をクリックすると、代表的な銘柄や、特長の案内ページが表示されます。

投資方針
  • 株式市場全体が上昇基調にあるが、中小型株は当面乱高下すると予想しているため、大型株中心のETFを対象指標とするETFへ投資を行う
1月1日のトレード
  • 大型株指数連動型ETFを600円で2,000株保有
    【600円×2,000株=1,200,000円】
2月1日のトレード
  • 大型株指数連動型ETFが700円に上昇したので売却
    【(700円-600円)×2,000株=200,000円(利益)

注意事項

上記の取引例には、取引手数料や税金を含みません。また、信用取引でトレードをされる場合、信用取引の金利のほか、管理料等、その他諸経費が必要です。お取引の際は、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただけますようお願いいたします。

日本株(規模別)ETFの値動き例

MAXISトピックス・コア30上場投信と、TOPIX Core 30の価格の相対チャートです。
比較チャートの下に表示されているスプレッドは、価格差を表示しており、0の場合は、同水準であることを意味します。

日本株規模別ETFと対象指数の比較チャート

投資信託に関するリスク及び手数料等について

投資信託は、投資元本および分配金が保証された商品ではありません。国内外の株式や債券などの金融商品を組み入れており、株価変動や為替変動などの影響を大きく受けるため、基準価額の下落により損失を被り、お客様の投資元本を割り込むことがあります。一般に株式の価格は、個々の企業の活動や業績、国内および国外の経済・政治情勢などの影響を受けて変動するため、株式の価格が下落した場合には、基準価額は下落し、投資元本を割り込むことがあります。投資国・地域の政治・経済情勢や株式を発行している企業の業績、市場の需給等、さまざまな要因を反映して、基準価額が大きく変動するリスクがあります。

投資信託のお申込みに際しては、所定の販売手数料がかかります。また、換金に際しては、信託財産留保額をご負担いただく場合があります。なお、投資信託の保有期間中には間接的な費用として信託報酬等が発生いたします。

ライブスター証券は、投資信託の販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
預け入れ資金については、当社で当社の財産とは分別して管理いたします。また、購入いただいた投資信託においては、信託銀行において、当該行の財産とは分別して管理いたします。
上記の手数料および諸費用、リスクに関しましては、必ず交付目論見書および目論見書補完書面をご確認ください。実際のお取引に際しては、契約締結前交付書面および当社ホームページ等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。

ページトップへ

ISグループのサービス