株価ボード・先物OPボードを起動すると、ローディング画面で動作が止まってしまいます |よくあるお問い合わせ|ライブスター証券

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

よくあるご質問(FAQ)

ご質問と回答

No. 505 株(現物・信用取引)、225先物株価ボード・先物OPボードを起動すると、ローディング画面で動作が止まってしまいます
以下の場合が想定されます。
  • セキュリティ対策ソフトに動作が制限される場合
    セキュリティ対策ソフトに動作が制限され利用できない事があります。セキュリティ対策ソフトの設定をご確認ください。
  • プロキシサーバ設定のダイアログが表示される場合
    livestar QUICK情報はまず自動更新データを送信するサーバへの直接接続を試み、接続できない場合のみプロキシサーバ設定用のダイアログを表示します。ダイアログが表示される場合、直接接続できない環境ですので、ご利用可能なプロキシサーバを設定して下さい。設定方法につきましては、プロキシサーバーの管理者にご確認ください。
プロキシサーバ経由で利用される場合の注意事項
  • プロキシサーバを経由した接続の場合、プロキシサーバに対して負荷がかかります。接続1台あたりの負荷は大きくありませんが、多数利用された場合、プロキシサーバに対する負荷は増大し、場合によっては、プロキシサーバでのデータ更新に遅延が発生するなど、動作そのものに悪影響を与える可能性があります。
  • ご利用にあたってはお客さまがご使用になるネットワークのプロキシサーバの管理者にあらかじめ相談されることをお奨めします。
  • お客さまがご使用になるネットワークのプロキシサーバの種類によっては接続できず、サービスをご利用になれない場合があります。
  • プロキシサーバ経由の接続の場合、クライアントとプロキシサーバの間はお客さまの設定したポートで、プロキシサーバとセンターの間はポート443で接続します。このため、企業内ネットワークやCATVインターネット接続などで、プロキシサーバもしくはファイヤウォールがポート443で外部と通信できないよう設定されている場合はご利用になれません。
  • プロキシサーバ経由の接続の場合、一定時間経過後あるいは不定期に、お客さまがご利用のネットワークのプロキシサーバにより接続が切られる場合があります。その際、livestar QUICK情報は接続断を正しく検知できない場合があります。
  • Windows Vista、Windows 7、Windows 8の場合、起動時に「プロキシサーバー設定」画面が表示され、入力を行い接続した場合でも、次回以降の起動時にも「プロキシサーバー設定」画面が表示され、プロキシの入力が必要になります。これを回避する為には、IEの設定で「ツール」?「インターネットオプション」?「セキュリティ」の「信頼済みサイト」に、自動更新株価ボード 起動元である証券会社オンライントレーディングサイトとQUICKサイトである“*.qweb.ne.jp”、“*.qhit.net”等、複数のサイトを登録してください。登録方法は「信頼済みサイトの登録方法」をご覧ください。

ページトップへ

ISグループのサービス