立替金(不足金)が請求されました。どういうものでしょうか? |よくあるお問い合わせ|ライブスター証券

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

ライブスター証券のよくあるご質問(FAQ)

ご質問と回答

No. 480 株(信用取引)立替金(不足金)が請求されました。どういうものでしょうか?
不足金とは、信用取引における引出余力が不足している状況で、 現金引出が発生する取引の受渡を迎えた事により発生するものです。

【不足金が発生するケース(① と ②を両方満たした場合)】

① 発生日当日に、現金引出が必要な受渡(現物買付、信用建玉返済損、信用建玉返済益に係る諸経費、現引、売配当調整金、源泉徴収等)があること。
② 発生日前営業日の引け処理時点での引出余力がない(保証金預託率が30%未満、受入保証金が30万円未満、現金保証金がマイナス等)状態であること。
※増担保銘柄を保有している場合は、30%以上でも発生する場合があります。

※①については、【livestar WEB>取引履歴】にて、各取引の受渡日をご確認ください。
※②の保証金預託率については、【livestar WEB>信用取引>余力照会(信用)】にて、「リアル時価余力計算」の保証金預託率を参考値としてご確認ください。なお、当該保証金預託率が30%を上回っていた場合でも「余力の推移」の(K)引出余力について、本日(T)〜5営業日後(T+5)のいずれか一日でもマイナスとなっていた場合は引出余力不足とみなされます。

<関連FAQ>
不足金を解消するにはどうしたらいいですか?
不足金が解消できないとどうなりますか?
									

ページトップへ

ISグループのサービス