先物・オプション取引口座の口座開設基準を教えてください |よくあるお問い合わせ|ライブスター証券

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

よくあるご質問(FAQ)

ご質問と回答

No. 21 日経225先物・オプション取引先物・オプション取引口座の口座開設基準を教えてください
先物・オプション取引口座の口座開設基準につきましては、お客様の資産状況や株式取引の経験、株価指数先物に対する理解度など、当社口座開設基準に基づいて審査し、判断させていただきます。

【個人のお客様】
・国内に居住し、かつ口座開設時の年齢が満20才以上であること。(※ただし学生は除く) 
・株式等の投資経験があること。 
・投資目的が先物・オプション取引の商品特性に照らして適切であること。 
・「指数先物・オプション取引の契約締結前交付書面」および「指数先物・オプション取引のお取引概要」等の内容を確認し、かつ株価指数先物・オプション取引の基本的な仕組みが理解できていること。
・金融資産(現金、預貯金、有価証券等)を500万円以上保有していること。 
・本申し込みを行う個人が、法人の代表者または取引担当者として選任され、別に当社において法人名義により株式信用取引もしくは株価指数先物・オプション取引を行っている場合、また、その取引において当社の定める約款・規程および諸規則等に反する行為がないこと。
・緊急時において電話連絡が可能であること。
 

【法人のお客様】
・国内に本店登記されている事業法人又は医療法人、学校法人、若しくは宗教法人等であること。 
・株式等の投資経験があること。 
・投資目的が先物・オプション取引の商品特性に照らして適切であること。 
・有限責任事業組合等、事業を目的とする組合契約を基礎として形成された企業体、もしくは投資組合等でないこと。 
・法人登記後1年以上を経過していること。 
・事業内容及び事業の継続性などを審査し、事業の実態が存在しないまたは登記上の記載と実体が異なる法人(いわゆるペーパーカンパニー)などではないこと。 
・法人の代表者または取引担当者として選任された者が、「指数先物・オプション取引の契約締結前書面」および「指数先物・オプション取引のお取引概要」等の内容を確認し、かつ先物取引およびオプション取引の基本的な仕組みを理解できていること。
・法人の代表者または取引担当者として選任された者が、別に当社において株式信用取引もしくは株価指数先物・オプション取引を行っている場合、また、その取引において当社の定める約款・規程および諸規則等に反する行為がないこと。
・当社が必要と認める場合には、決算書あるいは法人税納税証明書等の提出を求める場合があること。 
・緊急時において電話連絡が可能であること。 

※以上の条件を全て満たしていても口座開設のご希望に添いかねる場合もございます。

先物・オプション取引口座の開設をご希望の場合は、下記をご参考に変更手続き完了後、再度お申込みを行ってください。 
登録情報の確認および変更方法
									

ページトップへ

ISグループのサービス