注文方法|日経225先物・オプション|ライブスター証券

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

日経225先物・オプションの注文方法

ライブスター証券では便利な注文方法が多数!

日経225先物・オプションの注文方法

ライブスター証券で、発注いただける注文方法には、成行注文、指値注文などの基本的なものに加えて、逆指値注文や、OCO注文、IFD注文、IFDO注文といった、システマチックな取引を可能にする特殊注文がございます。詳細につきましては、各詳細ページにてご確認ください。

通常方法

注文方法 内容
成行(FAK)
  • 価格を指定せず、取引の成立を最優先に考える注文方法です。
    発注数量が一部約定して未約定数量が残る場合、残りの数量は失効となる条件が設定されます。
    >>>詳細はこちら
成行(FOK)
  • 価格を指定せず、取引の成立を最優先に考える注文方法です。
    発注数量の全数量が約定しない場合、全数量が失効する条件が設定されます。
    >>>詳細はこちら
指値(指定なし)
  • 価格を指定して、取引が成立しても良い範囲(上限、下限)を決める注文方法です。
  • 買いの指値は、指定した価格以下であれば取引が成立します。
  • 売りの指値は、指定した価格以上であれば取引が成立します。
  • 発注数量が一部約定して未約定数量が残る場合でも、残りの数量は引き続き有効となる条件が設定されます。
    >>>詳細はこちら
指値(FAK)
  • 価格を指定して、取引が成立しても良い範囲(上限、下限)を決める注文方法です。
  • 買いの指値は、指定した価格以下であれば取引が成立します。
  • 売りの指値は、指定した価格以上であれば取引が成立します。
  • 発注数量が一部約定して未約定数量が残る場合、残りの数量は失効とする条件が設定されます
    >>>詳細はこちら
指値(FOK)
  • 価格を指定して、取引が成立しても良い範囲(上限、下限)を決める注文方法です。
  • 買いの指値は、指定した価格以下であれば取引が成立します。
  • 売りの指値は、指定した価格以上であれば取引が成立します。
  • 発注数量の全数量が約定しない場合、全数量が失効する条件が設定されます。
    >>>詳細はこちら
対当値段(指定なし)
  • 板登録時の、最良の売呼値もしくは買呼値での指値が自動的に発注される注文です。
  • 発注数量が一部約定して未約定数量が残る場合でも、残りの数量は引き続き有効となる条件が設定されます。
  • 発注される際に買(売)指値がない場合、当該対当売(買)指値は失効されます。
対当値段(FAK)
  • 板登録時の、最良の売呼値もしくは買呼値での指値が自動的に発注される注文です。
  • 発注数量が一部約定して未約定数量が残る場合、残りの数量は失効とする条件が設定されます。
  • 注文照会画面で一部約定の注文単価は表示されません。
対当値段(FOK)
  • 板登録時の、最良の売呼値もしくは買呼値での指値が自動的に発注される注文です。
  • 発注数量の全数量が約定しない場合、全数量が失効する条件が設定されます。
最大指値
  • 価格を指定せずに発注し、自動的に値幅上限値(売りの場合は下限値)の指値を発注する注文です。
不出来最大指値
  • 指値注文として発注し、プレ・クロージング開始時間に約定していない場合には、直後に指値注文の価格が最大指値注文と同等の価格へ訂正される注文です。
引成
  • 引けのみ有効な成行注文です。

特殊方法

注文方法 内容
逆指値S注文
  • 買い注文の場合は、現在値以上の価格を逆指値条件として設定し、逆指値条件に価格が到達した時点で「成行」または「指値」注文を発注します。
  • 売り注文の場合は、現在値以下の価格を逆指値条件として設定し、逆指値条件に価格が到達した時点で「成行」または「指値」注文を発注します。
    >>>詳細はこちら
逆指値M注文
  • 買い注文の場合は、現在値以下の価格を逆指値条件として設定し、逆指値条件に価格が到達した時点で「成行」または「指値」注文を発注します。
  • 売り注文の場合は、現在値以上の価格を逆指値条件として設定し、逆指値条件に価格が到達した時点で「成行」または「指値」注文を発注します。
    >>>詳細はこちら
OCO注文
  • 指値注文と逆指値S注文を同時に発注する注文方法です。指値注文が約定すると逆指値注文がキャンセルされます。これに対し、逆指値条件に価格が到達した場合は、発注済みの指値注文を、指値注文・最大指値のいずれかに訂正します。
    >>>詳細はこちら
IFD注文
  • 新規注文と決済注文予約、または、決済注文と新規注文予約を同時に発注できる注文方法です。もし一つ目の注文(IF側:親注文)が約定すると、もう一方の注文(DONE側:子注文)が発注されます。
    >>>詳細はこちら
IFDO注文
  • 新規建て注文と同時に決済OCO注文を発注できる注文方法です。
    >>>詳細はこちら

注文の種類・執行条件別の注文受付可否

プレ・オープニング、プレ・クロージング時の注文受付可否

注文の種類 指定なし(FAS) FAK FOK
指値 ×
対当値段 × × ×
最大指値 - -
成行 - ×
引成 × - -
不出来最大指値 ○(※) - -
  • 「○」 = 発注可能、「×」 = 発注不可、「-」 = 設定なし
  • (※)プレオープニングのみ発注可能。プレクロージングは発注不可。

立会時間(ザラ場)中の注文受付可否

注文の種類 指定なし(FAS) FAK FOK
指値
対当値段
最大指値 - -
成行 -
引成 - -
不出来最大指値 - -
  • 「○」 = 発注可能、「×」 = 発注不可、「-」 = 設定なし

ノンキャンセル・ピリオド(NCP)

日経225先物・日経225miniにおいて、注文訂正・取消が行えない時間帯(ノンキャンセル・ピリオド : NCP)が導入されます。

日中取引時間におけるオープニング・オークション前の1分間、ナイトセッションにおけるオープニング・オークション及びクロージング・オークション前の1分間が対象です。

※ノンキャンセル・ピリオド(NCP)中でも新規注文は受付可能です。

ノンキャンセル・ピリオド(NCP)の日中取引時間 ノンキャンセル・ピリオド(NCP)のナイトセッション
日中取引寄付前(オープニング・オークション前)1分間 8:44 ~ 8:45
ナイトセッション寄付前(オープニング・オークション前)1分間 16:29 ~ 16:30
ナイトセッション引け前(クロージング・オークション前)1分間 翌5:29 ~ 5:30

詳細は日本取引所グループのホームページをご覧ください
ノンキャンセル・ピリオド(NCP)の導入 [日本取引所グループ]

口座開設はこちら

株価指数先物取引(日経225先物・mini・OP取引)に関するリスク及び手数料等について

株価指数先物取引は、元本が保証された商品ではございません。取引金額が証拠金の額に比べて大きいため株価等の変動により、投資金以上の損失が生じるおそれがあります。実際のお取引に際しては、契約締結前交付書面および当社ホームページ等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。

【委託手数料】

  • 日経225先物:191円/枚(税抜)
  • 日経225mini:33円/枚(税抜)
  • 日経225オプション:約定代金の0.14%(税抜)【最低手数料100円(税抜)】
  • 日経225先物・miniの手数料総額(税込)は(1枚あたり手数料額(税抜)×約定枚数)×1.1で計算し、円未満は切り捨て
  • 強制決済の場合には、日経225先物:1,000円/枚(税抜)、日経225mini:100円/枚(税抜)、日経225オプション:約定代金の3.00%(税抜)【最低手数料300円(税抜)】が適用されます。

【証拠金所要額】

  • 日経225先物および日経225miniの証拠金所要額はSPAN証拠金額×当社が定めるSPAN係数、日経225オプションは(SPAN証拠金額×当社が定めるSPAN係数)から(オプション取引の保有する建玉について計算したネット・オプション価値の総額)を差し引いた額です。

【余力用証拠金所要額]】

下記の1~3のうち、最も金額の大きいものとします。

  1. 先物売建玉、コールオプション売建玉、プットオプション買建玉および左記取引の未約定新規注文のスキャンリスク合計額
  2. 先物買建玉、コールオプション買建玉、プットオプション売建玉および左記取引の約定新規注文のスキャンリスク合計額
  3. 売オプションの最低証拠金額

ディープ・アウト・オブ・ザ・マネーの状態の建玉はスキャンリスクを上回る損失が発生するリスクが高い為、売オプション最低証拠金額を考慮しております。

ページトップへ

ISグループのサービス