中国語版・英語版

文字サイズ

小 中 大

ISホールディングス

新規口座開設   株式取引口座 先物取引口座 FX取引口座

ライブスター証券 > 日経225先物・オプション > 日経225先物・オプション取引口座開設(法人)

日経225先物・オプション取引日経225先物・オプション取引口座開設(法人)

先物・オプション口座開設申込から開設までの流れ(法人)

STEP1
  • livestar WEBにログイン
  • ※証券総合口座を開設されていない場合はこちら
PC申込みアイコン

STEP2
  • お客様情報画面で当社へのご登録内容を確認し、口座開設基準を満たしているか確認します
  • 口座開設基準はこちら
PC申込みアイコン

STEP3
  • 左側【先物OP取引】をクリックし、申込を行います
PC申込みアイコン

STEP4PC申込みアイコン

STEP4
  • 審査後、先物・オプション取引口座が開設
  • ※審査は最短でも2営業日かかります
  • ※審査結果は取引ツールのお知らせ画面にて通知いたします。
     メールでの通知は行っておりません。
  • ご希望に沿えない場合の理由については、開示いたしません
     ご理解賜りますようお願いいたします。
  • ※※開設審査にあたり直近の決算書類等をご提出いただく場合があります。
PC申込みアイコン

先物・オプション口座取引口座開設基準(法人)

  • 株式等の投資経験があること。
  • 投資目的が先物・オプション取引の商品特性に照らし合わせて適切であること
  • 国内に本店登記されている事業法人又は医療法人、学校法人、若しくは宗教法人等であること。
  • 有限責任事業組合等、事業を目的とする組合契約を基礎として形成された企業体、もしくは投資組合等でないこと。
  • 法人登記後1年以上を経過していること。
  • 事業内容及び事業の継続性などを審査し、事業の実態が存在しないまたは登記上の記載と実体が異なる法人(いわゆるペーパーカンパニー)などではないこと。
  • 法人の代表者または取引担当者として選任された者が、「指数先物・オプション取引 契約締結前交付書面および規程集」、「指数先物・オプション取引 口座設定約諾書等」、「指数先物・オプション取引のお取引概要」等の内容を確認し、かつ先物取引およびオプション取引の基本的な仕組みを理解できていること。
  • 法人の代表者または取引担当者として選任された者が、別に当社において株式信用取引もしくは株価指数先物・オプション取引を行っている場合、また、その取引において当社の定める約款・規程および諸規則等に反する行為がないこと。
  • 当社が必要と認める場合には、決算書あるいは法人税納税証明書等の提出を求める場合があること。
  • 緊急時において電話連絡が可能であること。

先物・オプション取引申し込み画面の操作方法

  1. livestar WEB(Web版トレードシステム)にログイン後、左側【先物OP取引】ボタンをクリック
  2. 【申込む】ボタンをクリック
  3. 【書面表示】ボタンをクリックして、表示される書面の内容を確認
  4. 【上記の事前確認書類の内容を熟読し、その内容に同意します。】のチェックボックスにチェック
  5. 【同意する】ボタンをクリック
日経225先物・オプション取引口座開設申し込み画面

日経225先物・オプション取引口座開設時交付書面確認
株価指数先物取引(日経225先物・mini・OP取引)に関するリスク及び手数料等について

株価指数先物取引は、元本が保証された商品ではございません。取引金額が証拠金の額に比べて大きいため株価等の変動により、投資金以上の損失が生じるおそれがあります。実際のお取引に際しては、契約締結前交付書面および当社ホームページ等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。

【委託手数料】

  • 日経225先物:250円/枚(税抜)
  • 日経225mini:35円/枚(税抜)
  • 日経225オプション:約定代金の0.14%(税抜/最低手数料100円)
  • 日経225先物・miniの手数料総額(税込)は(1枚あたり手数料額(税抜)×約定枚数)×1.08で計算し、円未満は切り捨て
  • 強制決済の場合には、日経225先物:1,000円/枚(税抜)、日経225mini:100円/枚(税抜)、日経225オプション:約定代金の3.00%(税抜/最低手数料300円)が適用されます。

【証拠金所要額】

  • 日経225先物および日経225miniの証拠金額はSPAN証拠金額×当社が定めるSPAN係数、日経225オプションは(SPAN証拠金額×当社が定めるSPAN係数)から(オプション取引の保有する建玉について計算したネット・オプション価値の総額)を差し引いた額です。

【余力用証拠金所要額]】
下記の1〜3のうち、最も金額の大きいものとします。
 1. 先物売建玉、コールオプション売建玉、プットオプション買建玉および左記取引の未約定新規注文のスキャンリスク合計額
 2. 先物買建玉、コールオプション買建玉、プットオプション売建玉および左記取引の約定新規注文のスキャンリスク合計額
 3. 売オプションの最低証拠金額

  • ディープ・アウト・オブ・ザ・マネーの状態の建玉はスキャンリスクを上回る損失が発生するリスクが高い為、売オプション最低証拠金額を考慮しております。

トップに戻る

  • ひふみ投信
  • 海外不動産投資.com
  • 就活オンライン
  • アースカー
  • 株式会社ライブスター証券 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第8号 加入協会 日本証券業協会 /一般社団法人 金融先物取引業協会
    Copyright © livestar Securities Co., Ltd. All Rights Reserved. ネット証券ならライブスター証券 海外不動産投資ドットコム