J-GATE|日経225先物取引・日経225オプション取引|ライブスター証券

ライブスター証券は手数料で選ばれているネット証券です

次期J-GATE稼動に伴う制度変更内容および当社システムの変更・制限事項等

【更新日:2016年7月15日(金)】

2016年7月19日(火)より大阪取引所で次期デリバティブ売買システム(次期J-GATE)が稼動いたします。
それに伴い取引時間の延長、注文訂正・取消が行えない時間帯(ノンキャンセル・ピリオド : NCP)の導入など、制度変更が予定されております。

【制度変更点】

【当社システムの変更・制限事項、ご注意事項】

  1. 次期J-GATE本番稼動日の前営業日(2016年7月15日(金))のナイトセッション(夜間取引)は休場です。
    詳細はこちら
  2. 次期J-GATE本番稼動日(2016年7月19日(火))に取引所との最終確認の為、一時的に受注を停止いたします。
    詳細はこちら
  3. 「株式取引」と「先物・オプション取引」のログイン画面・取引画面を分離いたします。
    画面イメージはこちら
    ※現在のログイン画面にてオートコンプリート機能をご利用されていた場合、株式のログイン画面は従来のログインアドレスと変更が無い為、パスワード等の登録が有効なままですが、先物オプションのログイン画面は、株式取引のログイン画面とは共通化されていないため、パスワード等を新たにご登録をいただく必要がございます。先物・オプション取引をご利用中のお客様は、現在登録中のログインIDとパスワードを改めてご確認ください。
    オートコンプリートの設定方法はこちら
  4. 先物オプション取引の関連メニューが、株式取引のメニューから無くなります。
    画面イメージはこちら
  5. ログイン可能時間、メンテナンス時間、発注可能時間が変更されます(株式取引、先物オプション取引で時間が異なります)。
    詳細はこちら
  6. 「株価ボード」「先物・OPボード」の切替ボタンが廃止されます。
    (※同時に起動した場合、数秒後にポップアップが表示され、片方の画面が自動的に閉じられます。)
  7. 株式口座と先物オプション口座の資金振替方法が変わります(株式口座からは証拠金への振替、先物オプション口座からは株式口座の預り金への振替操作のみが実行できます)。
  8. お客様情報は「株式取引」の取引画面からの変更に限定されます。「先物・オプション取引」の取引画面では情報の閲覧のみです。
  9. 日経225オプション取引の立会取引における呼値の制限値幅の基準値段に応じて適用する値幅が変更になります。
    7月19日(火)日中立会における制限値幅が制度変更前(7月15日(金))の値となり、指値の値段によっては7月19日(火)日中立会終了までに受注した注文が取引所に注文発注されたタイミングで「受付エラー」または「注文失効」となります。
    7月19日(火)のナイトセッション(夜間取引)(取引日:2016年7月20日(水))からは制度変更後の制限値幅が適用されます。
    詳細はこちら

取引時間の変更内容

日経225先物・日経225mini取引の日中取引開始時刻が9時から8時45分に前倒しされます。
さらに、日経225先物・日経225mini・日経225オプション取引のナイトセッション(夜間取引)終了時刻が翌3時から翌5時30分に延長されます。

※株式取引の取引時間は変更ございません。

J-GATEの取引時間

     取引時間の変更点
商品 時間 変更後 変更前
日経225先物
日経225mini
日中取引 8:45 ~ 15:15 9:00 ~ 15:15
ナイトセッション 16:30 ~ 翌5:30 16:30 ~ 翌3:00
日経225オプション ナイトセッション 16:30 ~ 翌5:30 16:30 ~ 翌3:00

ノンキャンセル・ピリオド(NCP)

日経225先物・日経225miniにおいて、注文訂正・取消が行えない時間帯(ノンキャンセル・ピリオド : NCP)が導入されます。

日中取引時間におけるオープニング・オークション前の1分間、ナイトセッションにおけるオープニング・オークション及びクロージング・オークション前の1分間が対象です。

※ノンキャンセル・ピリオド(NCP)中でも新規注文は受付可能です。


ノンキャンセル・ピリオド(NCP)の日中取引時間 ノンキャンセル・ピリオド(NCP)のナイトセッション
日中取引寄付前(オープニング・オークション前)1分間 8:44 ~ 8:45
ナイトセッション寄付前(オープニング・オークション前)1分間 16:29 ~ 16:30
ナイトセッション引け前(クロージング・オークション前)1分間 翌5:29 ~ 5:30

対当値段注文

「最良指値」注文から「対当値段」注文に注文名称が変更となります。「対当値段」注文はFAK・FOKで発注した場合、一部約定の注文単価は表示されません。

即時約定可能値幅の基準となる値段の変更

すべての商品について、即時約定可能値幅の基準となる値段(DCB基準値段)が、直近の最良売呼値及び最良買呼値の仲値(直近の約定値段を含む)に変更されます。ただし、当社が必要と認める場合は当社が定めるものとします。

日経225オプションの呼値の制限値幅の一部変更

日経225オプションの立会取引における呼値の制限値幅について、以下のとおり呼値の制限値幅の基準値段に応じて適用する値幅が変更されます。

  • 7月19日(火)日中立会における制限値幅が制度変更前(7月15日(金))の値となり、指値の値段によっては7月19日(火)日中立会終了までに受注した注文が取引所に注文発注されたタイミングで「受付エラー」または「注文失効」となります。
    7月19日(火)のナイトセッション(夜間取引)(取引日:2016年7月20日(水))からは制度変更後の制限値幅が適用されます。
  • 指値入力欄横が空欄のまま「▼▲」を押下した際に、現在は「現在値」を設定しているが、実施後に現在値が小数点の場合は「小数点切捨て」して値が設定されるようになります。
    (例)現在値=100.5の場合、「▲:105 ▼:100」となります。

次期J-GATE本番稼動日の前営業日ナイトセッション(夜間取引)停止

次期デリバティブ売買システム(次期J-GATE)本番稼動日の前営業日である2016年7月15日(金)のナイトセッション(夜間取引)(取引日:2016年7月19日(火))は、全デリバティブ取引が休場となります。当社でも以下の時間帯は注文受付を停止しますので、ご注意ください。

商品 注文受付停止時間
先物 ・ オプション 2016年7月15日(金) 16:15 ~ 7月17日(日) 21:00頃
株式 2016年7月16日(土) 5:30 ~ 7月17日(日) 21:00頃

次期J-GATE本番稼動日の受注停止時間

大阪取引所との最終確認を実施するため、以下の日時において先物取引・オプション取引の受注を停止いたします(株式取引は、通常通りご発注いただけます)。

受注停止日時

  • 2016年7月19日(火)7時45分~8時15分頃(予定)
    ※開放時間(8時15分)は前後する場合があります。
  • 上記受注停止期間に発注をされた場合、以下のエラーが表示されますので作業完了までお待ちください。
    (エラーメッセージ表示例)
    [12] ただいま、ご指定の注文は受付停止中か、もしくは混みあっているため一時的に注文を受付けることができません。今しばらくお待ちください。

注意事項受注を停止する注文の種類

先物・オプションの新規、決済、訂正、取消注文
※株式取引については、通常通りご発注いただけます。

受注を停止するシステム

証券全取引システム(livestar WEB、livestar R、livestar S、livestar モバイル)

注意事項

  • 株式取引は、通常通りご発注いただけます。
  • 受注停止時間中でも取引システムへのログインおよび照会は可能です。
  • 受注停止時間中はお電話による注文もお受けできませんので、ご了承ください。
  • 2016年7月19日(火)7時45分までに受付けた注文は、大阪取引所との最終確認で問題ないことを確認した後、順次発注いたします。
    ※発注完了後、注文照会画面の注文状況が「未約定」に変わります(8時15分頃予定)。

株価指数先物取引(日経225先物・mini・OP取引)に関するリスク及び手数料等について

株価指数先物取引は、元本が保証された商品ではございません。取引金額が証拠金の額に比べて大きいため株価等の変動により、投資金以上の損失が生じるおそれがあります。実際のお取引に際しては、契約締結前交付書面および当社ホームページ等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。

【委託手数料】

  • 日経225先物:250円/枚(税抜)
  • 日経225mini:35円/枚(税抜)
  • 日経225オプション:約定代金の0.14%(税抜/最低手数料100円)
  • 日経225先物・miniの手数料総額(税込)は(1枚あたり手数料額(税抜)×約定枚数)×1.08で計算し、円未満は切り捨て
  • 強制決済の場合には、日経225先物:1,000円/枚(税抜)、日経225mini:100円/枚(税抜)、日経225オプション:約定代金の3.00%(税抜/最低手数料300円)が適用されます。

【証拠金所要額】

  • 日経225先物および日経225miniの証拠金所要額はSPAN証拠金額×当社が定めるSPAN係数、日経225オプションは(SPAN証拠金額×当社が定めるSPAN係数)から(オプション取引の保有する建玉について計算したネット・オプション価値の総額)を差し引いた額です。

【余力用証拠金所要額]】

下記の1~3のうち、最も金額の大きいものとします。

  1. 先物売建玉、コールオプション売建玉、プットオプション買建玉および左記取引の未約定新規注文のスキャンリスク合計額
  2. 先物買建玉、コールオプション買建玉、プットオプション売建玉および左記取引の約定新規注文のスキャンリスク合計額
  3. 売オプションの最低証拠金額

ディープ・アウト・オブ・ザ・マネーの状態の建玉はスキャンリスクを上回る損失が発生するリスクが高い為、売オプション最低証拠金額を考慮しております。

ページトップへ

ISグループのサービス